断食によるダイエット|水を飲んで健康的な体になろう|血糖値を下げる方法とは
ウーマン

水を飲んで健康的な体になろう|血糖値を下げる方法とは

断食によるダイエット

腹部

デトックス効果も得られる

ファスティングダイエットは3日間酵素ドリンクと水以外の一切の飲食を行わない方法や1日の内連続した8時間のみ飲食を行い、それ以外の連続した16時間は酵素ドリンクと水以外の一切の飲食を行わないなどといった方法がある断食によるダイエットです。ファスティングダイエットはダイエット効果に加えてデトックス効果も得られるため、美容に好影響を与えたり、便秘を解消したりといった副次効果も得られます。そのため、ファスティングダイエットは女性を中心に人気を集めているダイエット方法なのです。しかし、断食は胃腸をはじめ、体に大きな負荷をかける行為ですので、ファスティングダイエットを行う際は決められたやり方を順守し、期間を延長するなどの体により高負荷をかけるやり方を実践しようとする場合には医師などの専門知識を有する人の判断を仰ぐことが重要です。

胃腸を慣らす期間が重要

ファスティングダイエットは前途の通り胃腸をはじめとする体にかかる負荷が大きいダイエット法です。そのため、例えば3日間酵素ドリンクと水以外の一切の飲食を行わないダイエット法を実践する際には、ファスティングダイエットの本番期間である3日間の前後のそれぞれ5日程度ずつを通常時とファスティングダイエットの本番期間との間の移行をスムーズに行うための移行期間とすることで、胃腸にかかる負荷を軽減することが大切なのです。こうした移行期間は徐々に胃腸を慣らしていくための期間ですので、本番直前の期間には、徐々に食事のカロリーを減らして、本番の前日には軽食程度の食事のみに留めます。一方の本番直後の期間は、最初の食事は重湯のみ、次の食事は豆腐などの消化の良いもののみ、といった具合に徐々に通常の食事に戻していくのです。このような胃腸を慣らす移行期間を設けることが、通常時とファスティングダイエットの本番期間との間の胃腸にかかる負荷のギャップを小さくし、ファスティングダイエットの効果を高める上でも体への負荷を軽減する上でも効果的なのです。